ハーブ・ヒューマンズ・ブレインとは

ハーブ・ヒューマンズ・ブレインとは

ハーブ・ヒューマンズ・ブレインは、
子供たちの教育環境の改善と、次世代に残したい、消えつつある文化を新しい形で維持・普及する活動をしています。

教育環境の改善

自然環境の悪化。食生活の軽視。子供をとりまく教育環境は良いものとはいえません。

子供たちが身近な自然と触れ合い、それを生活の中に生かす取り組みができないかと考え、
2001年、奈良県の保育園や幼稚園にハーブ園を造る活動を開始しました。

香りのあるハーブは、身体に良く、また植物を育てることで子供の情操を養うことができます。

ハーブ園造りやその運営から、教育や生活でのハーブの活かし方をまとめた本
「ぼくもわたしも元気なハーブ園~学校にハーブ園をつくろう」(星の環会 出版)を上梓しました。

ぼくもわたしも元気なハーブ園 学校にハーブ園をつくろう
ぼくもわたしも元気なハーブ園
学校にハーブ園をつくろう

消えてしまいそうな伝統や文化を残したい

インターネットなどの普及、発展は様々な恩恵がありますが、便利になる一方ですたれ始めている文化もあります。

その一つが「手書き」の文字です。
手書きの文字のもつ豊かさ、人間性を残すとりくみとして、
2013年より、「言葉折り紙」を制作しています。

手を使った、身体的・現実的な文字を書くという作業がますます失われていく中で、
こうしたことの価値は高まるでしょう。

また、2010年より、サラ・ブライトマンやマイケル・ジャクソンなどのライナーノーツや、NHKの長寿番組「クロス・オーバー・イレヴン」での選曲で有名な音楽評論家・大伴良則氏による、20世紀からのポップ・ミュージックを現代史として見ていく音楽エッセイ「音楽のまんよう」を制作しています。

大伴良則の音楽のまんよう

沿革

2001~2003年 NPO法人・奈良友愛ネット協会 ハーブ事業の一環として、奈良県内の幼稚園や保育園にハーブ園を造る
2004年 教育環境・文化に貢献する「ハーブ・ヒューマンズ・ブレイン」(任意団体)として活動を始める
2005年 「ぼくもわたしも元気なハーブ園 ~ 学校にハーブ園をつくろう」(星の環会)を出版。(※「学校図書館ブッククラブ会報」No.110 「著者からのメッセージ」で紹介される。)
2010年 音楽評論家・大伴良則氏による音楽エッセイ「音楽のまんよう」の企画・制作をはじめる
2013年 「言葉折り紙 vol.1、vol.2」制作
2015年 言葉折り紙「但馬の偉人シリーズ 東井義雄」制作
2016年 言葉折り紙「但馬の偉人シリーズ 赤木正雄」制作
言葉折り紙「但馬の偉人シリーズ 斎藤隆夫」制作

お問い合わせ先

兵庫県豊岡市正法寺430
Tel/Fax:0796-22-6618
e-mail:herbhumansbrain@leto.eonet.ne.jp

代表:立野 章子